CONTENTS

『フコイダン 働き』 最新ツイート

@runasu

@Karerllen 痛風は血中の尿酸値が上がることにより、体の中で尿酸ナトリウムの結晶が作られ、この結晶が痛みの原因となります。もずくに含まれるフコイダンには尿のpHを上げる(アルカリ性にする)働きがあり、酸性尿の改善に効果があ… https://t.co/UBnWPlowLa

32分前 - 2018年05月21日


@runasu

@Karerllen もずくに含まれるフコイダンには、このピロリ菌が胃壁に付着することを防ぐとともに、胃潰瘍や胃炎を予防するという働きがあります。

32分前 - 2018年05月21日


@runasu

@Karerllen もずくに含まれるフコイダンは、免疫機能を高めるといわれています。その理由は、フコイダンが持つ「NK細胞やマクロファージといった免疫細胞を活性化させる働き」のためです。このNK細胞とは、常に私たちの体をパトロー… https://t.co/z91AZuiuBd

33分前 - 2018年05月21日


フコイダンの体内での働き

フコイダンの体内での働き フコイダンは、昆布やワカメなどの海藻類が外敵から身を守るために体内から分泌しているネバネバ成分で、免疫力を向上する作用を期待できるということから現在注目を集めています。
特に、日本人の死因のナンバーワンを長年にわたってキープしているがんに対しても効果を発揮する可能性があるということで、急ピッチで研究が進められている段階です。
なお、フコイダンにこのような効果が期待できる理由は、体内での働きが関係しています。
ウィルスや細菌などの外敵から身を守っているナチュラルキラー細胞を活性化する作用があるので、トラブルに対して効果的に機能するようになります。
さらに、崩れてしまった免疫システムを正常化するという働きもあるので、鼻炎や花粉症などのアレルギー症状の改善や胃ガンや胃潰瘍を誘発する原因の一種とも言われているピロリ菌の除菌など様々な問題に対して改善効果を期待できます。
しかも、副作用に見舞われる様な危険はないので、安全性においても優れた内容となっています。

フコイダンの効果について

フコイダンとは、コンブやワカメなどの海藻類のヌメリ成分に多く含まれている硫酸多糖類の一種になります。
海藻が砂などで傷ついた部分を修復したり、体が乾燥するのを防いだりする効果のある成分です。
近年では、人間にもさまざまな効果があるとしてフコイダンは研究されています。
免疫機能を正常化させるほか、血液凝固を抑制することで動脈硬化などの病気を防いだり、中性脂肪を抑制する、胃潰瘍などの原因となるピロリ菌を除菌する作用、抗アレルギー作用のほか、肝機能の向上作用などを期待することができます。
また、シミやシワの原因となってしまう活性酸素を抑える抗酸化作用もあるとされています。
さまざまな研究結果によって、健康・美容効果があるとして注目されている成分ですが、摂取するためにはコンブやワカメなどの海藻類を積極的に摂っていく必要があります。
しかし、毎日海藻類を摂取していくのは難しいためサプリメントなどを利用して毎日継続してフコイダンを取っていくことが大切です。